スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げっ!なんだこの差は・・・

デジ一で撮影する場合、通常の「jpeg」データのほかに「RAW」データというものがある。
RAWとは「生」って言う意味なんだけど、単純に撮像素子から得た「赤」「緑」「青」の光の強弱をデータ化しただけの状態の物。
これを現像して、画像になるのだが、この現像処理をする為のソフトが色々とあるわけだ。
今、自分が使っているのが「PhotoShop CS2」。このソフトでの現像になんの不満も無く使っていたが「SILKYPIX」というソフトを知ったらちょっとビックリ。

現像後の画質が違いすぎる!
「SILKYPIX」を好んで使うプロも多いらしい。
これだけ違うと流石に・・・・・・

使い勝手などの事はよく分からないけど、比較サイトが結構あるので興味のある人は「silkypix photoshop cs2 比較」等のキーワードでググッて見るといい。


スポンサーサイト

コメント


RAWはいいよ~。あまり弄り過ぎるとグッチャグチャになるけど・・・あっRAW「現像」の事ね。RAW=生って読まないように(笑)

RAW現像での補正は、うまい人は自分のイメージに近づけたりするために使うけど、俺の場合は失敗の復旧が多いかも(爆)
確かに処理にマシンスペックを要求されるのは否めないね。

どぉ?「赤い線」入ったレンズ売って、ビスタ入ったハイスペックPCでも買っちゃう?(笑)

RAW現像!楽しそうですね~
僕のPCのスペックでは処理できなくて(泣)
JPEGオンリーなんですよ
レンズも欲しいけど
サクッと処理できるハイスペックなPCが欲しいな~

ちなみに夜の生活もRAW厳禁です(笑)

>>「日本人好みの現像」

なるほど!そう言う見方も出来るわけですね。

自分の場合、まだ「綺麗な写真」=「シャープな画質」ってなイメージが強いかもしれません。
写真雑誌なんかを見てると「綺麗な写真=シャープな画質では無い」というのが分かるんですけどねぇ。

プロが使用するにも、作品種類によっては向き不向きが(例えば風景写真と広告写真は別のソフトでみたいに)あるのを理解したうえでの使用なのかもしれませんね。

まだまだ勉強中のオイラは「プロも愛用」というフレーズに弱いみたいで・・・(笑)

日本人好み

このソフト、現像専用なので機能は凄いですよね。ハイコントラストが好きな日本人好みの現像が可能です。
私も以前、試用版で使ってみましたが、あまりにも元画像と違う仕上がりになるので躊躇しました。
このソフトがあれば、ちょっとくらいの失敗は補正できます。でも、頼りすぎると・・・という気がしてます。
「一般受け」という意味では良いソフト。でも、見る人が見れば、バレバレの画像かも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://irupa.blog81.fc2.com/tb.php/40-5ac21736

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。