FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後で気付く

先日の結婚式になんでTAMRON 90mm F2.8 MACROを持って行かなかったんだべ?
かなり使えたと思うのに・・・
いまさらながら自分を「アホ」だと思う(爆)

11月には従兄弟の結婚式がありそうだからその時はもってこ~。

ちなみに今回の撮影における反省点?と対策?

ストロボは使い方をもっと勉強しないとまともに使えない。
対策:勉強しよう。

レンズは開放F値の明るいヤツでないと辛い。
対策:持ってるレンズの明るいヤツは全部持って行こう。

独特の照明下ではホワイトバランスはシビア。
対策:色々な照明下で実験して最適なWB設定を見つけとこう。

ちなみに今回一番「ありゃ?」と思ったのがWB(ホワイトバランス)
ディスプレイ上ではそこそこ雰囲気のあるいい感じに撮れたなぁと思っていたが、いざ写真をプリントしてみたら赤みが妙に強いと言うのが初めてわかった。
プリントとディスプレイの色が違うのは解っているが実際にプリントすると赤みが強いと言うのが問題。

写真のプリントは割と頻繁にやっているのだが今迄は気にならなかった今回の写真は赤みが妙に強く出ているのだ。会場の照明の色が独特だったのが原因だと思われる。

ま、結局結論としては俺の技量不足知識不足でした。何時もの事だが・・・
IMG_4954.jpg

スポンサーサイト

コメント


あ、すいません、赤みが強いというのは自家プリント(プリンター印刷)での事でした。
確かに、今回の場合は自家プリントと同じものを某カメラ屋さんでプリントもしましたが色が全然違いました。
今回は自家プリントで赤が強かったのですが、写真屋プリントでは赤味が緩和(補正)されていたのでよかったのですが、実際とはかなり色味が違うということですもんね。
モニタ、自家プリンタ、写真屋と全部色が異なるのでどれが正しのか????になってしまいます(笑)

次回は「補正なし」でプリントしてもらってみます。

プリントは、そのまま写真屋に出すと補正されます。つまり、プリントする側の好みの色にされてしまいます。
補正されたくない時は、「補正無しで」と指定しないとダメですよ。
私はプリントしてもらった写真の色が気にくわない時は、何度でもやり直しさせます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://irupa.blog81.fc2.com/tb.php/59-2f26fcea

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。